動きが遅すぎるMac mini late 2014を外付けSSD(SanDisk Extreme ポータブル SSD)で超速サクサクにするハックメモ

Mac

本当にPCの動きが遅いと辛すぎますよね。

作業をする気がものすごく削がれます。

自分が使っているMac mini late 2014 もHDDしか搭載されていないので、カーソルがくるくると回り続けるような感じでめちゃめちゃ動きが遅いのです。

名は体を表すとはよく言ったもので、late というのはそういうことを暗示しているのではないかとさえ思えてきます。

実はこれまで勤めていたベンチャー企業を退職することになりまして、今後しばらくは家でPCを使って作業することが多くなるわけです。

そうなってくると普段使いのPCの遅さは死活問題なのです。

そこで調べたところ外付けのSSDを使うとすごく速くなるとのこと。

これは!と思い早速取り付けてみることに。

実際取り付けた感想はめちゃめちゃ速くなりましたw

カーソルくるくるのストレスはほぼ無いですね。

ということで今回はその方法をメモしていきたいと思います。

SanDisk Extreme ポータブル SSDを取り付ける手順!

今回はSanDisk Extreme ポータブル SSDを取り付けていきたいと思います。

今回自分が購入したのはこのSanDisk ポータブルSSD  500GBです。

他のSSDと比べると若干値段が高かったのですが、その分1.5倍くらい速度が速いとのこと!

1.5倍は普段使いのPCではバカにならない違いだなと思ってそれにしました。

箱はこれです。

中身はこれ。

挿してみましょう。

付属のUSBケーブルが入っているので、これだけ買えばOKです!

そうしたらMacに認識されます。

そうしたらMacで使えるように一度フォーマットをしましょう。

上の画像の虫メガネアイコンをクリックし、「ディスクユーティリティ」と打ち込み立ち上げます。

そして、「すべてのデバイスを表示」を選択。

SanDisk Extreme SSD Media を選択して「消去」をクリック。

名前→自分の好きな名称

フォーマット→Mac OS拡張(ジャーナリング)

方法→GUIDパーテーションマップ

を選択して「消去」

ちなみに自分は「セキュリティオプション」は左から二番目のヤツにしました。

消去が始まります。

20分くらいかかるかな。

消去完了!

フォーマット(データ消去)したSSDにOSをインストール

次に下のバーの「App Store」からOSをダウンロード・インストールしましょう。

「開く」をクリック。

SSDの「名称未設定(これは任意の名称です)」を選択して「インストール」をクリック。

「同意する」をクリック。

Mac起動時のユーザ名とパスワードを入力して、「ヘルパーを追加」をクリック。

OSのインストールが開始します。

これも20分くらいかかった気がする。

インストールが終わると初期設定の画面が出てきます。

設定を進めていくと・・・

最後このモード選択の画面が出てくるので、好みのモードを選択して「続ける」をクリックして完了!

SSDで起動し、デスクトップ画面が表示されます。

もしSSDで起動しているのか不安な場合は、一度シャットダウンしてみましょう。

そして、キーボードの「option」ボタンを押しながら電源ボタンを押します。

そうすると、HDDで起動するか、SSDで起動するかを選べる画面が立ち上がるので、SSDの方を選択してログインしましょう。

これでサクサク動くようになっているはずです!

まだこの時代にHDDを使っていて動きが遅くてイライラしているガラパゴス系の人は絶対にやったほうがいいと思います。

本当にカーソルくるくる地獄から解放されます。

作業効率はめちゃめちゃ上がるのは間違い無いです。

今回は以上です、お疲れ様です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました